競馬攻略法~競馬攻略法を無料公開中

有馬記念

競馬攻略法~競馬攻略法を無料公開中

一年を占めくくるG1、有馬記念。宝塚記念同様、グランプリレースでもあります。

舞台は暮れの中山競馬場、芝2500mです。2500mと聞けば、一見長距離コースのように思われがちですが、これが意外にクセ者です。

例えば、スタミナ一辺倒のステイヤーでは通用しないコースです。むしろマイル戦を瞬発力を活かして勝つような馬のほうが見込みがあります。実際に、グラスワンダーやダイワスカーレットのようなマイルG1を勝ったような馬が有馬で勝っています。この理由の一つとして、中山競馬場のコースがあります。中山コースのカーブはきつく、これを実に6回も廻らねばなりません。

ですからカーブが苦手な馬はコースロスなどが起こったり、あるいはゴチャついて末脚を余したりなりがちです。この関係もあり、追い込み一辺倒の馬も厳しい。マクリが出来ない位でないとなかなか厳しいです。さらには年末のこの時期のG1では、天皇賞秋やジャパンカップの疲れも出がちです。そういう見えない疲れから、凡走する人気馬も少なくありません。どちらかといえば穴党向けのレースだと思います。

性別では数年前まで牡馬が圧倒していましたが、最近では傾向が変わったのでしょうか?牝馬の一線級も牡馬と互角以上の戦いをしています。

スポンサーリンク

TOPに戻る

記事の目次

目次

このページの先頭へ